星まつりの夜に~暁の星になるまで

60代♀の思い出を書いています。 昭和40年代からの記憶を辿りながら自分史を作っています

昭和30年代生まれの♀が子供時代からを振り返って思い出を書いています

近くにお好み焼き屋さんがあった。 お好み焼き屋はたくさんあって、市場に入ってた普通のお好み焼き屋さんにはよく行った 鍵っ子だったので長い休みの昼ごはんは外食 お好み焼き屋さん、うどん屋さん、肉屋のコロッケ、パンなんかが多かったけど ほとんどお好み焼き屋とうどん屋に行ってた うどん屋ではラーメン、支那そばって言うのかな?タンメンみたいなあっさりした細い麺で具はほとんどない、多分一番安いやつ(笑) お好み焼き屋ではお好み焼きとおでん おでんはおでんを煮込む容器の中央に焼き物の筒があって、中に味噌があった 串を取って味噌に筒に入れてお皿に取る その他にちょっと歩いて行くけど路地の奥に小さなお好み焼き屋があった ウジョ屋って言われてた 親はあまりそこに行くのは薦めなかった ウジョ屋って虫がウジョウジョいるからの通称( ̄▽ ̄;) 物凄く安い 他の店が100円なら10円位の価格 お好み焼きはペラペラに薄いしかかってるのはウスターソース でも安いからいつも満員だった 狭い店だったけど そこに行く時に通る道が大通りから行くと遠回りになるから 近道をすると○○小路って所を通る そこは子供が通っちゃ行けない道 まあいわゆる夜のお店が並んでる界隈って所 床屋さんと美容院があるけど、それ以外は夜しかやっていない BARとか飲み屋さんとか 昼間は閉まってるからひっそりしてる そこを抜けて行くと料亭がある ここは本当に静かな所で 政治家達も利用する昔からある所 いつも長い暖簾が掛かってて中は見えない 久しぶりにその辺を訪ねたら 料亭以外はみんな変わってた ほとんどがマンションになってた 分団の集合場所だった公園はあったけど広さが以前の3分の1位になって遊具も無くなって ぽつんと時計が斜めに掛かってた 商店街も無くなってたし、増えたのはマンションと美容院と歯医者(笑)

同級生の妹が生まれつき心臓に欠陥があって 今でもそうだけど手術費用が高くて あの頃は寄付とかも集めるのが大変で今みたいにネットやテレビで呼びかけるとかって方法もなかったし そこの家はうちと同じ社宅で金銭的には裕福では無くて お母さんは近くの工場で働いてた 細身の凄い綺麗な人で工場を辞めて政治家も来るような料亭に勤め始めた その頃どこも持ってなかった車を買った 社宅のボス達は色々と噂してたみたいだけど 無事に妹さんは手術を受けて元気になった 新聞にも小さく載った 色々と嫌な噂をする大人達 そんな暇あるなら小さい弟の世話するとか寄付の活動するとかすればいいのに 小さな弟は同級生のお姉ちゃんが面倒みてた 私たち同級生も一緒に遊んで世話してた 大人になって同窓会で会ったらその同級生は和服を着こなした自分のお店を持つママさんになってた お母さんに似て細面の美人 来てねって名刺配ってた(笑) 高そうな感じだから行けなかったけど(笑) スナックじゃなくてクラブってハードル高いわ!

老朽化が進む名古屋都心部のビル
デパートや劇場、商業ビルなどが建て替えラッシュ
高層化とホテルやマンション、オフィスと合体した形態に変わるのが多い
建て替えが決まると少しづつテナントが撤退して行き活気がどんどん無くなって行く
今では名古屋駅前はビルが立ち並び買い物に、食事にと賑わっているが
昔は栄の方が賑わっていた
地元の老舗デパートの松坂屋は栄近くの矢場町
私が若い頃は栄でほとんど買い物や遊びはしていた
お金の無い10代には嬉しい安価なお店がいっぱいあった
オシャレをしたいお年頃
流行りものを安く手に入れてワンシーズンで着倒す(笑)
洋服は毎月買っていた
もう無くなってしまったけど
栄町ビルとか、中日ビルなんかにはよく行った
中日ビルにはレースをふんだんに使った洋服の店があった
今で言う甘ロリみたいな
そこの店主がそういう服を着たお婆さんだった(笑)
中日ビルが取り壊されるって聞いて久しぶりに行ってみたけどもうお店は無くなってた
中日ビルの裏手には雑居ビルがいっぱい建っていて
ディスコも何軒かあった
安いディスコもあって、週に3回位は通ってた(笑)
元々運動好きなのに就職したら身体動かす機会が無くなって
ディスコで踊りまくってた(笑)
その頃は振り付けとか決まっていてこの曲はここでターンとか
フロアの左右で分かれて後ろに下がったり交差したり( ̄▽ ̄;)
結構な難易度(笑)
ジンギスカンとかサタデーナイトフィーバーとか洋物ロック系も多かった
デビューからのファンのサザンオールスターズの勝手にシンドバッドなんかも夜9時位になるとかかって今何時?のフレーズを大合唱(笑)
これも後期になって来るとディスコが高級化して行って黒服のいるカジュアルな服装で入れないマハラジャ系が台頭して来た
バブル期になる
変わり行く街に思い出の場所が消えていく
昭和は遠くなりにけり

↑このページのトップヘ